名相(読み)メイショウ

精選版 日本国語大辞典の解説

みょう‐そう ミャウサウ【名相】

〘名〙 仏語。事物の名とその色かたち。あるものを他と区別して知る際の尺度となる認識対象の二側面。かりの虚妄のものである意に用いる。
※性霊集‐一〇(1079)答叡山澄法師求理趣釈経書「若求実相、則実相之理、无名相、无名相者、与虚空冥会」

めい‐しょう ‥シャウ【名相】

〘名〙 名高い宰。すぐれた大臣。
※両足院本山谷抄(1500頃)二「古の名相には唐の房社にも比せいで昌と伝とに比するは荊公が心がかうぞ」 〔史記‐張丞相伝論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名相の関連情報