コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吐乳 トニュウ

3件 の用語解説(吐乳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

と‐にゅう【吐乳】

[名](スル)乳児が飲んだ乳を勢いよく吐き出すこと。→溢乳(いつにゅう)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吐乳
とにゅう

乳児が乳汁を勢いよく吐くことをいう。乳児は、胃の形態が食道と垂直に近く、また胃内容物の食道への逆流を防止する噴門の筋肉も未発達のため、胃内容物を嘔吐(おうと)しやすい。吐乳の原因としては、幽門狭窄(ゆうもんきょうさく)や消化不良症、神経疾患などが考えられるほか、強く泣いたりせきこんだりした際にも、腹腔(ふくこう)内圧の突然の変化により反射的に生じることがある。乳汁がげっぷとともに口にあふれだす溢乳(いつにゅう)とは区別される。[帆足英一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone