コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溢乳 いつにゅう

4件 の用語解説(溢乳の意味・用語解説を検索)

妊娠・子育て用語辞典の解説

いつにゅう【溢乳】

おっぱいをたくさん飲んだとき、授乳後に体を動かしたときなど、口からお乳を「コプッ」あるいは「ダラーっ」ともどしてしまうこと。赤ちゃんの胃は立てたとっくりのような形をしているので、こんなふうにもどしやすいのです。吐いたあと、機嫌もよく、体重もその子なりに増えているなら心配ありません。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いつ‐にゅう【×溢乳】

乳児が授乳後に乳を少量口から出すこと。胃の筋肉がまだ弱いため、飲みすぎると逆流するもので、病気ではない。→吐乳(とにゅう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いつにゅう【溢乳】

( 名 ) スル
授乳直後、乳児が少量の乳を口から出すこと。乳流。乳多。 → 吐乳とにゆう

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

溢乳
いつにゅう

生後まもなくの新生児や、3~4か月ごろまでの乳児は、授乳後しばらくして少量の乳汁を吐くことがある。これを溢乳といい、多量に勢いよく吐く吐乳とは区別する。乳児の胃が垂直で、噴門の力も弱いため、ちょっとした胃の動揺で胃内容物を吐きやすく、げっぷに伴う溢乳がもっとも多い。したがって、溢乳は生理的なもので、心配ないとされている。[帆足英一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

溢乳の関連キーワード大酒おっぱいぐびりぐびり酸っぱい鱈腹茶腹ぱいぱい蟒蛇でかぱい

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone