コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溢乳 いつにゅう

妊娠・子育て用語辞典の解説

いつにゅう【溢乳】

おっぱいをたくさん飲んだとき、授乳後に体を動かしたときなど、口からお乳を「コプッ」あるいは「ダラーっ」ともどしてしまうこと。赤ちゃんの胃は立てたとっくりのような形をしているので、こんなふうにもどしやすいのです。吐いたあと、機嫌もよく、体重もその子なりに増えているなら心配ありません。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いつ‐にゅう【×溢乳】

乳児が授乳後に乳を少量口から出すこと。胃の筋肉がまだ弱いため、飲みすぎると逆流するもので、病気ではない。→吐乳(とにゅう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いつにゅう【溢乳】

( 名 ) スル
授乳直後、乳児が少量の乳を口から出すこと。乳流。乳多。 → 吐乳とにゆう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

溢乳
いつにゅう

生後まもなくの新生児や、3~4か月ごろまでの乳児は、授乳後しばらくして少量の乳汁を吐くことがある。これを溢乳といい、多量に勢いよく吐く吐乳とは区別する。乳児の胃が垂直で、噴門の力も弱いため、ちょっとした胃の動揺で胃内容物を吐きやすく、げっぷに伴う溢乳がもっとも多い。したがって、溢乳は生理的なもので、心配ないとされている。[帆足英一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

溢乳の関連キーワード肥厚性幽門狭窄症赤ちゃんの世話