コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吐金草 トキンソウ

デジタル大辞泉の解説

ときん‐そう〔‐サウ〕【吐金草】

キク科の一年草。道端に生え、高さ約10センチ。茎はよく分枝して地をはう。葉はへら状。夏、淡緑色で褐紫色を帯びた頭状花をつける。花を指でつぶすと、黄色の種子を吐き出す。はなひりぐさ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ときんそう【吐金草】

キク科の一年草。各地の庭や道端に生える。茎はよく分枝して地をはい、長さ約10センチメートル。葉はへら状楔くさび形で密に互生する。夏、葉腋に緑色の頭花をつける。花をつぶすと黄色の痩果が出るのでこの名がある。ハナヒリグサ。タネヒリグサ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone