コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向井正綱 むかい まさつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

向井正綱 むかい-まさつな

1557-1625 織豊-江戸時代前期の武将。
弘治(こうじ)3年生まれ。向井水軍の長。武田勝頼につかえ,天正(てんしょう)8年駿河(するが)(静岡県)千本浜沖で北条水軍をやぶる。武田家滅亡で徳川家康船奉行となった。向井流泳法の祖。寛永2年3月26日死去。69歳。通称は兵庫助(頭)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の向井正綱の言及

【水泳】より

…立体を主とする。(4)向井流 江戸時代初頭の御船手奉行(おふなてぶぎよう)向井正綱を始祖とし,権威があった。明治に入って笹沼良助が笹沼流を開いた。…

※「向井正綱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

向井正綱の関連キーワード見知らぬ海へ向井兵庫助向井忠勝三崎城弘治

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android