コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船奉行 ふなぶぎょう

3件 の用語解説(船奉行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船奉行
ふなぶぎょう

鎌倉,室町時代,軍船,舟路を管掌した役職。鎌倉時代のこの職は戦時臨時におかれた職らしく,所見は少いが,戦国時代に入り兵船の使用により,各大名家にこの職が設置された。豊臣秀吉の時代にも紀伊攻めに船奉行をおいた。江戸幕府では船手頭 (ふなてがしら) ともいい,傭船の保管,辺土の巡視にあたった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふなぶぎょう【船奉行】

中世の武家の職名の一。水軍や海上輸送のことをつかさどる役職。
江戸時代、船手頭ふなてがしらのこと。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

船奉行の関連情報