コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向山黄村 むこうやま こうそん

3件 の用語解説(向山黄村の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

向山黄村

幕末・明治の幕臣・漢詩人。江戸生。一色真浄の三男。向山誠斎の養子。名は栄・一履。字は欣文、通称を栄五郎・隼人正。漢学を千坂莞爾・昌平黌に学ぶ。箱館奉行支配組頭・外国奉行支配組頭等を経て目付となる。駐仏全権公使として渡仏。詩に長じて蘇東坡を宗とし、維新後は詩社晩翠吟社を結び漢詩人として活躍した。明治30年(1897)歿、72才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

向山黄村 むこうやま-こうそん

1826-1897 幕末-明治時代の武士,漢詩人。
文政9年1月13日生まれ。向山誠斎の養子。幕臣。箱館奉行支配組頭,目付をへて慶応2年(1866)外国奉行。翌年パリ万国博使節団に随行し,駐仏公使となる。維新後は静岡藩の学問所学頭をつとめ,のち東京で漢詩人として知られた。明治30年8月12日死去。72歳。本姓は一色。名は一履,栄。通称は栄五郎。著作に「游晃小草」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

向山黄村

没年:明治30.8.12(1897)
生年:文政9.1.13(1826.2.19)
幕末の幕府閣僚,明治の漢詩人。通称栄五郎,名は一履。一色真浄の子に生まれ向山源太夫の養子となる。養父源太夫は号を誠斎といい,微禄ではあったが文名は高く,ペリー来航の直後,求められて意見書を提出した人である。源太夫の教育を受け,昌平黌に学んだのち教授方出役。安政3(1856)年,箱館奉行支配組頭に任命された源太夫に伴われ同地に赴く。翌年8月,源太夫が任務出張中に宗谷で病没,そのあとを受けて組頭となる。のち外国奉行支配組頭となり,文久1(1861)年対馬に出張,水野忠徳の知遇を得て同3年5月目付に昇進した。その直後,老中格小笠原長行に従い,兵約1500を率いて大坂に上陸,尊攘運動の抑圧を図ったが朝廷の非難を招き失敗,免職・差控に処せられる。翌元治1(1864)年9月目付に再任。 翌慶応1(1865)年閏5月,将軍徳川家茂に従い大坂に赴く。9月兵庫開港を外国に回答した阿部正外,松前崇広に対し,朝廷は老中罷免・官位剥奪・国許謹慎を命じた。これを人事干渉とみて反発した幕府は,将軍の辞職と江戸帰還を決定。命ぜられて辞表の文を作る。徳川慶喜の周旋により辞表が撤回されたのち,目付を罷免さる。翌2年10月外国奉行。翌3年1月,パリ万国博覧会に出席の徳川昭武に従って横浜を出港,渡仏。5月駐仏公使に任命され若年寄格に進むが,幕府の地位を軽視し始めたフランス外務省と対立,後任の栗本鯤(鋤雲)に事務を引き継ぎ12月パリを出立。香港で戊辰戦争の勃発を知る。明治1(1868)年2月帰国。同3月若年寄に進められるも辞任。時に年43歳。以来,世を隔てて日々を送る。詩にいう,「先朝の白髪に遺臣あり 世を遁れ優游す寂寞の浜 樗櫟は同く迎う新日月 予樟は尚お見る旧精神……」。徳川を先朝とみてこれに殉じようとの態度である。過去を語ることを好まず,骨董と詩作を愛し,杉浦梅潭の晩翠吟社の一員だった。六千七十余首の作品があったという。<著作>『游晃小草』『景蘇軒詩鈔』

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

向山黄村の関連キーワード伊佐岑満鈴木松塘青木栄五郎植村蘆洲木内芳軒菊池元春鱸采蘭鱸透軒蒔田翠錦蓮禅

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone