コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

含み損益 ふくみそんえき

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

含み損益

有価証券や土地の取得価格から時価を引いた差額のこと。評価損益ともいう。従来、財務諸表上では有価証券、土地等の取得価格のみの表記が義務付けられていた。そのため投資者には、含み損益がどれほどあるのかがわからなかった。しかし金融ビッグバン以降、情報公開の拡大の一環として、企業が保有する資産の時価評価額表記への要求が高まった。そのため2000年から、時価会計が本格的に導入され、有価証券は財務諸表上、時価で表記しなければならないようになった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

株式公開用語辞典の解説

含み損益

株式等を取得した価格(=簿価)と、時価と比較した際の損益のこと。取得した価格が時価よりも高い場合、その差額を含み損といい、取得した価格が時価よりも安い場合の差額を含み益という。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

含み損益の関連キーワード含み資産/含み損・含み益ディスクロージャー実質純資産額繰延税金負債Qレシオ時価主義原価主義

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android