コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸(い)出し膏薬 スイダシコウヤク

2件 の用語解説(吸(い)出し膏薬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すいだし‐こうやく〔すひだしカウヤク〕【吸(い)出し×膏薬】

はれ物の膿(うみ)を吸い出すためにはる膏薬。吸い出し膏。吸い出し。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吸出し膏薬
すいだしこうやく

膏薬は生薬(しょうやく)を練り合わせてつくった油性の外用軟膏で、きわめて広い用途をもつ。膏薬のうちで腫(は)れ物に外用し、腫れ物の口を開いて膿(のう)(うみ)を出す目的に使用するものをとくに吸出し膏薬という。膏薬の歴史は古く、日本最古の医書である『医心方(いしんぽう)』にも、当時の中国医学から学んだ膏薬が数多く収載されている。わが国の売薬(あらかじめ調合して売られる薬)処方は、中国宋(そう)代に刊行された『太平恵民和剤局方』に多大な影響を受け、同書に収録されている「神仙太乙(たいつ)膏」を基に種々の膏薬が考案された。江戸時代に賞用された「太一(たいつ)膏」、「無二(むに)膏」、ある種の「万能膏」などはこの類(たぐい)の吸出し膏薬で、四酸化鉛(鉛丹(えんたん)、黄丹(おうたん))の配合された軟膏であった。なお、「神仙太乙膏」の基剤はごま油であり、これに当帰(とうき)、玄参(げんじん)、肉桂(にっけい)、地黄(じおう)、赤芍薬(せきしゃくやく)、白(びゃくし)、大黄(だいおう)、黄丹などが配合されたものである。やがて江戸末期になると、西洋からも吸出し膏薬が入ってくるが、これらの膏薬は、やし油、豚脂、オリーブ油、テレビン油などが基剤となっていた。[難波恒雄・御影雅幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吸(い)出し膏薬の関連キーワード吸角搾乳機救い出す腫れ物吹っ切る吸出し吸出す吸取るサクションポンプレンジフード

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone