豚脂(読み)トンシ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ブタの脂肪。白色で堅く芳香を有するものがよいとされる。オレイン酸・パルミチン酸・ステアリン酸などが主成分。優良品は食用・薬用・香粧品製造などに、劣等品は硬化油などの原料に用いる。ラード。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「此場の窖中には、牛脂、豚脂、香料を蓄へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の豚脂の言及

【ラード】より

…豚の脂肪組織をレンダリング法(〈ヘット〉の項目参照)によって溶出,ろ過したもの。豚脂ともいう。欧米では良質のものをレンダリングし,そのまま未精製で食用に供しており,それをラードといっているが,日本では豚脂とラードは同じものとして通用している。…

※「豚脂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android