コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸音材料 きゅうおんざいりょう

1件 の用語解説(吸音材料の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

吸音材料【きゅうおんざいりょう】

音をよく吸収する材料。性能は吸音率(物質に入射したエネルギーから反射したエネルギーを引き,入射エネルギーで割ったもの,つまり1から反射率を引いた数)で表される。
→関連項目防音構造

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の吸音材料の言及

【音】より

…とくに境界面が綿や連続気泡性樹脂などの多孔質材料でできていると,材料内部に入った音が隙間内部の表面での摩擦によってエネルギーの多くの部分を失うことになる。こうした材料を吸音材料と呼んで,音の調整に広く使われている。
[騒音]
 音は,音声などの信号による情報の伝達,音楽などさまざまな形で人間の生活に役だっているが,その反面では機械,車両,航空機などから発生した音が,騒音として人間に関与している。…

【音響設計】より

…なお,多目的ホールなどでは多様な用途に応じて残響時間を変化させるために,プリズム状回転体の各面を吸音・反射・拡散用としておき,室の使用状態に応じていずれかの面を出すなど,各種の残響可変装置がくふうされている。
[吸音材料]
 境界面に音が入射したとき,入射音エネルギーEiに対する反射音エネルギーErの割合rEr/Eiをエネルギー反射率といい,(1-r)/Eiを吸音率という。すなわち吸音率とは,入射音エネルギーに対する見かけ上吸収されたエネルギー,すなわち実際に吸収されたエネルギーと境界面を透過してしまうエネルギーの和の割合を意味する。…

※「吸音材料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吸音材料の関連キーワード吸音材吸音率吸収スペクトル選択吸収海綿吸音スウェット吸音力吸収熱吸収エネルギー

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone