(読み)キュウ

精選版 日本国語大辞典の解説

す・う すふ【吸】

〘他ワ五(ハ四)〙
① 気体、液体を口、または鼻から体内に引き入れる。
新訳華厳経音義私記(794)「子盍反、入口曰 倭言須布(スフ) 脣口也」
※大慈恩寺三蔵法師伝永久四年点(1116)五「象乃し水を吸(スフ)て樹に灌きて、牙を以て排ひ掘る」
② しみ込ませて取る。吸収する。
※戯作三味(1917)〈芥川龍之介〉一五「燈心の油を吸ふ音が〈略〉空しく夜長の寂しさを語ってゐる」
③ 引き寄せる。引き付ける。引き込む。
※播磨風土記(715頃)賀毛「修布と号くる所以は、此の村に井あり。一の女、水を汲み、即(やが)て吸(すひ)(い)れられき」
※小学読本(1873)〈榊原芳野〉一「磁石〈略〉其性鉄を吸ふ」
④ 金銭や利益などを、他から集め取る。しぼり取る。
※虎明本狂言・粟田口(室町末‐近世初)「ゆききの人にとうまのぜう、たちもかたなもすはれたり」
⑤ タバコをのむ。
※義血侠血(1894)〈泉鏡花〉二三「吸(スヒ)(つ)めたる巻煙草を車の外に投棄て」
⑥ 接吻する。口づけをする。口吸う。
※サントスの御作業(1591)二「サモ ナツカシゲニ ヲン カヲ ヲ sui(スイ)タマイ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吸の関連情報