コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹田草牧 すいた そうぼく

美術人名辞典の解説

吹田草牧

日本画・洋画家。大阪生。名は憲一。初め従兄黒田重太郎の影響で洋画を志し、関西美術院鹿子木孟郎に学ぶなどしたが、やがて日本画に転向。竹内栖鳳土田麦僊に学ぶ。国画創作協会会員となるが、同協会日本画部解散に際して新樹会結成に参加。また麦僊の山南塾解散後山南会を結成する。戦後は主に洋画を描いた。昭和58年(1983)歿、93才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吹田草牧 すいた-そうぼく

1890-1983 大正-昭和時代の日本画家。
明治23年9月1日生まれ。洋画から日本画に転向し,竹内栖鳳(せいほう),土田麦僊(ばくせん)にまなぶ。大正7年文展で「山村に春近し」が初入選。翌年からは国画創作協会展に,昭和4年から帝展に出品。14年山南会を結成。昭和58年11月8日死去。93歳。大阪出身。本名は憲一。作品に「伊豆夏景」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone