コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹田草牧 すいた そうぼく

2件 の用語解説(吹田草牧の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

吹田草牧

日本画・洋画家。大阪生。名は憲一。初め従兄黒田重太郎の影響で洋画を志し、関西美術院鹿子木孟郎に学ぶなどしたが、やがて日本画に転向。竹内栖鳳土田麦僊に学ぶ。国画創作協会会員となるが、同協会日本画部解散に際して新樹会結成に参加。また麦僊の山南塾解散後山南会を結成する。戦後は主に洋画を描いた。昭和58年(1983)歿、93才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吹田草牧 すいた-そうぼく

1890-1983 大正-昭和時代の日本画家。
明治23年9月1日生まれ。洋画から日本画に転向し,竹内栖鳳(せいほう),土田麦僊(ばくせん)にまなぶ。大正7年文展で「山村に春近し」が初入選。翌年からは国画創作協会展に,昭和4年から帝展に出品。14年山南会を結成。昭和58年11月8日死去。93歳。大阪出身。本名は憲一。作品に「伊豆夏景」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吹田草牧の関連キーワード服部有恒河野秋邨富取風堂矢野橋村弥永貞三狩野探道栗田元次聖園テレジア村松乙彦竜粛

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone