コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉大澂

美術人名辞典の解説

呉大澂

清代の官吏。江蘇省蘇州生。字は清卿・子敬、号に垣軒・愙斎等。李鴻章配下の革新的官僚の一人で、のち湖南巡撫まで昇り、また吉林兵器廠の創設等、近代施設の育成に努めた。書家としても名があり、特に篆書は自分の研究した古籀に基づき独特の風格を成した。光緒28年(明治35・1902)歿、68才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉大澂
ごたいちょう
Wu Da-cheng

[生]道光15(1835)
[没]光緒28(1902).1.27.
中国,清末の政治家,書家,画家,文人。呉県 (江蘇省蘇州) の人。字は清卿,号は恒軒,かく斎。同治7 (1868) 年の進士,官は湖南巡撫にいたる。光緒 20 (94) 年,日清戦争において山海関で敗れて退官。幼少より篆書を,中年よりは籀文 (ちゅうぶん) にすぐれ,また刻印に長じ,金石を収蔵してその鑑別にも精通した。絵画は山水,花卉をよくし,同治1 (62) 年上海に旅行したおりには,すでに萍花社書画かく会に参加。著書に『説文古籀補』『恒軒所見所蔵吉金録』『かく斎集古録』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の呉大澂の言及

【金石学】より

…19世紀の後半になると金文学も多岐に分かれる。江南では蘇州の潘祖蔭(はんそいん)とその弟子呉大澂(ごだいちよう)や,瑞安の孫詒譲(そんいじよう)が著名で,呉大澂の《説文古籀補(せつもんこちゆうほ)》14巻は,金石文と《説文(せつもん)(説文解字)》を対照し,金文解読の正しい出発点を作ったものとして,《愙斎(かくさい)集古録》26冊とともに不朽の業績とされる。また山東の陳介祺(ちんかいき)や呉式芬(ごしきふん)も青銅器の収集,鑑識と金文解読に卓越していた。…

※「呉大澂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

呉大澂の関連キーワード日下部鳴鶴楊沂孫

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android