籀文(読み)ちゅうぶん

  • ×籀文
  • ちゅうぶん チウ‥
  • ちゅうぶん〔チウ〕
  • 籀文 zhòu wén

世界大百科事典 第2版の解説

漢字の字体の一つ。《史籀篇》(佚)の冒頭一節〈太史籀書〉を〈太史籀の書〉と(よ)み,籀を周宣王に仕えた太史(史官)の名と考えたことによる命名であるが,籀とは〈諷誦(そらよみ)する〉という動詞にすぎないという説も有力である。許慎の《説解字》に別体としてあげられており,段玉裁は大篆(だいてん)のことを指すという。いっぽう王国維は,秦の石鼓文(せつこぶん)と字体が似ることから,戦国期に秦国で用いられた字体であり,東方六国の古文に対するものであると推定している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 漢字の書体の一つ。中国、西周の宣王の太史籀が作ったとされる。字画が複雑で飾りが多いのが特徴。篆文(てんぶん)の前身。また、篆文を小篆というのに対して大篆ともいう。籀。籀篆。籀書。〔名語記(1275)〕 〔学古編〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の籀文の言及

【漢字】より

…やがて西方に秦が興起してくると,金文の系統を引く字体が現れ,これは石鼓文(せつこぶん)によって今日に伝えられている。《説文解字》に記されている籀文(ちゆうぶん)もこの系統であるといわれる。籀文はまた大篆(だいてん)という。…

【八体】より

…たとえば,欧陽詢(おうようじゆん)を評して〈八体ことごとく能(よ)くす〉などの例がある。その細目については,とくに記述はないが,彼のあげる十体書の目の中から,古文と大篆を除いた籀文(ちゆうぶん),小篆,八分(はつぷん),隷書,章草,行書,飛白(ひはく),草書の八体を指すようである。籀文は石鼓文に見える書体。…

【略字】より

…したがって古代の中国人たとえば《説文解字》の著者許慎なども,はじめに作られた文字は画数の多い〈古文〉であったが,のち文字によっては簡略化され,筆画の少なくなったものが出て来て〈古文〉とは形がちがってくる。それが〈大篆(だいてん)〉あるいは〈籀文(ちゆうぶん)〉であり,日常業務の要求から簡略化が進み〈籀文〉からさえも離れてきたとき,それが〈小篆〉になった,と考えたのである。 許慎の考えたこの道すじは必ずしもそのまま歴史事実ではなく,むしろ後代の文字が前代の文字に比べ機能の分化その他さまざまの理由から,かえって煩瑣(はんさ)の度を加える場合もあり,〈古文〉〈籀文〉などはかえって後代発生の文字だという王国維の考えもあることを考えて,さきにも〈概していえば〉という表現を用いることが適当だと考えたのである。…

※「籀文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android