コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉服屋安右衛門 ごふくや やすえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

呉服屋安右衛門 ごふくや-やすえもん

?-1588 織豊時代のキリシタン。
和泉(いずみ)(大阪府)堺(さかい)の呉服屋に生まれる。家出して放浪中に病気となり,京都南蛮寺の宣教師にすくわれてキリシタンとなる。豊臣秀吉による南蛮寺破壊の際は運よくのがれ,堺で市橋庄助と名のり外科医となった。天正16年9月19日処刑された。洗礼名は告須蒙(コスモ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

呉服屋安右衛門の関連キーワードテレサ[アビラ]ティコ・ブラーエ安土桃山時代(年表)グラナダ焦竑マーローモンテーニュ環境報告書エッセイ中津城

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android