コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉服座 ごふくざ

1件 の用語解説(呉服座の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ごふくざ【呉服座】

御服座とも書く。中世,京都あるいは近江などで活躍していた絹織物・反物取引の特権的商人団。室町時代,四府所属の駕輿丁(かよちよう)たちが各種の商工業を営むようになるが,左近衛府左兵衛府所属駕輿丁たちは洛中洛外で呉服の特権的な取引を行い,路次などで呉服の振売をする商人を排除するようになっていた。彼らはさらに近江蒲生郡横関下郷にまで進出し,山門延暦寺の本院東谷を本所とする同郡の保内呉服座と市場の争奪を行うようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

呉服座の関連キーワードエスケープキー伊犂御服御服所湯屋論弁阿爾及しいはあ石村近江(5代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

呉服座の関連情報