駕輿丁(読み)かよちょう

デジタル大辞泉の解説

かよ‐ちょう〔‐チヤウ〕【××輿丁】

身分の高い人の駕籠(かご)や輿(こし)を担ぐ役の者。こしかき。
「俄(にはか)の事にて―も無かりければ」〈太平記・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かよちょう【駕輿丁】

〈こしかき〉ともいう。奈良時代以降,朝廷に属して,主として天皇の行幸のさいその輿(こし)をかついだり,輿の前後につけた綱を手にとったりして行歩した下級の職員の呼称。《続日本紀》の宝亀11年(780)3月辛巳条にこの語が見え,駕輿丁がその任務に従事することで庸調を免除されていたのが知られる。平安時代,927年(延長5)に成った《延喜式》によると,駕輿丁は〈四府(しふ)〉,すなわち左右近衛府と左右兵衛府とに直属し,前者では左右各100人,計200人が,また後者では左右各50人,計100人が従事した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かよちょう【駕輿丁】

貴人の駕籠かごや輿こしを担ぐ人。こしかき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の駕輿丁の言及

【四府駕輿丁座】より

…四府(左右近衛府,左右兵衛府)に属した駕輿丁が組織した商業の座の総称。米,酒,みそ,材木,引物,鍛冶炭,すき柄,白布,茜,錦,絹,呉服,紙折敷(おしき),薬,唐物,馬,古物,鳥,古鉄などの商品を扱った。…

【駕輿丁】より

…奈良時代以降,朝廷に属して,主として天皇の行幸のさいその輿(こし)をかついだり,輿の前後につけた綱を手にとったりして行歩した下級の職員の呼称。《続日本紀》の宝亀11年(780)3月辛巳条にこの語が見え,駕輿丁がその任務に従事することで庸調を免除されていたのが知られる。平安時代,927年(延長5)に成った《延喜式》によると,駕輿丁は〈四府(しふ)〉,すなわち左右近衛府と左右兵衛府とに直属し,前者では左右各100人,計200人が,また後者では左右各50人,計100人が従事した。…

※「駕輿丁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android