コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉莱 ごらいWu Lai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉莱
ごらい
Wu Lai

[生]大徳3(1299)
[没]至正3(1343)
中国,元の学者,文学者。浦江 (浙江省浦江県) の人。字,立夫。4歳で経書を暗誦し,7歳で詩をつくったといわれる。科挙には合格せず,引きこもって経学に専念。のち学官に推薦されたが赴任前に没した。著書『尚書標説』『唐律刪要 (さんよう) 』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

呉莱の関連キーワード至正

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android