コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉黄石 くれ こうせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

呉黄石 くれ-こうせき

1811-1879 江戸後期-明治時代の医師。
文化8年9月生まれ。呉文聡(あやとし)・呉秀三の父。恵美三圭に漢方医学を,伊東玄朴(げんぼく),竹内玄同に蘭学をまなび,江戸で開業。安政4年(1857)玄朴らと幕府種痘所の設置に参加,兵制の洋式化にもつくした。明治12年11月24日死去。69歳。安芸(あき)(広島県)出身。本姓は山田。名は貞胤。号は臥熊山人,磐宮など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

呉黄石の関連キーワード呉文聡(くれぶんそう)

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android