伊東玄朴(読み)いとうげんぼく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊東玄朴
いとうげんぼく

[生]寛政12(1800).12.28. 肥前
[没]明治4(1871).東京
江戸時代末期の蘭学者。名は淵,字は伯寿,号は長翁,沖斎。執行 (しゅぎょう) 家に生れ,伊東祐章の養子となる。 23歳で佐賀藩医島本竜嘯に入門,翌年長崎で P.シーボルトに学び,文政9 (1826) 年,江戸に出て蘭学塾象先堂を開く。天保2 (31) 年佐賀藩医となり,牛痘苗の輸入をはかる。安政5 (58) 年お玉ヶ池種痘所を建て,また蘭方医として初めて幕府の奥医師となった。訳書『医療正始』 24巻がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

伊東玄朴【いとうげんぼく】

江戸末期の医学者。名は淵,号は冲斎,長翁。肥前の農家に生まれ,若くして医学に志し,長崎に遊学,シーボルトに学んだ。1828年江戸で開業,1831年佐賀藩医,1858年幕府の奥医師となる。種痘所の設立にも貢献した。
→関連項目鳴滝塾

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東玄朴 いとう-げんぼく

1801*-1871 江戸時代後期の蘭方医。
寛政12年12月28日生まれ。長崎でシーボルトらにまなび,文政11年江戸で開業。安政5年神田お玉ケ池に私営種痘館を設立し,幕府奥医師となる。幕府に移管された種痘館(所)が文久元年西洋医学所と改称され,同所取締に就任した。法印。明治4年1月2日死去。72歳。肥前仁比山(にいやま)村(佐賀県)出身。本姓は執行(しぎょう)。名は淵(えん)。字(あざな)は伯寿。号は冲斎(ちゅうさい),長翁。訳書に「医療正始(せいし)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊東玄朴

没年:明治4.1.2(1871.2.20)
生年:寛政12.12.28(1801.2.11)
幕末の蘭方医。肥前国(佐賀県)神崎郡仁比山村生まれ。執行重助の長男。幼名は勘助,名は淵,字は伯寿,号は冲斎,長翁,長春庵。佐賀藩士伊東祐章の養子となる。文化12(1815)年漢方医古川佐庵の門に入り,文政1(1818)年医を開業する。5年蘭方医島本竜嘯に入門し,次いで6年長崎の大通詞猪股伝次右衛門にオランダ語を学び,シーボルトにも師事して蘭医学を学んだ。9年江戸に出て,11年本所番場町に医業を開いた。天保2(1831)年佐賀藩主鍋島家の一代士として召しかかえられ,14年には侍医に抜擢された。嘉永2(1849)年長崎にもたらされた牛痘痂を用いて,いち早く牛痘接種法を手がけた。安政5(1858)年神田お玉ケ池に種痘所を設立するに当たっては,江戸在住83名の蘭方医の中心的存在として開設に尽力した。牛痘接種法が天然痘の予防にもっとも有効であることを理解して,これを江戸の市民に実施するために幕閣に対してその効果を説き,時の勘定奉行川路聖謨の拝領地を借り受け,川路も積極的にこの挙に参加した。 また同じ年将軍徳川家定の重病に際し,戸塚静海らと共に蘭方医としてはじめて,将軍の侍医となって治療に参加した。文久1(1861)年法印に叙せられ,長春院の号を賜った。蘭学者としても多くの子弟を養い,天保4(1833)年に開設した蘭学塾象先堂の門に入るもの数百といわれ,各藩の秀才を網羅していた。門下からは医家のみならず,学者,政治家が輩出。お玉ケ池種痘所は万延1(1860)年幕府直轄となり,翌年西洋医学所(その後変遷を経て東大医学部)と改称されて蘭医学を教授する所となり,文久2年玄朴はその取締に就任した。文久3年奥医師を免ぜられて小普請入となり,明治1(1868)年隠居して家督を養子の方成(玄伯)にゆずった。ビショップの著書を翻訳して『医療正始』(1835)を刊行した。<参考文献>伊東栄『伊東玄朴伝』

(深瀬泰旦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いとうげんぼく【伊東玄朴】

1800‐71(寛政12‐明治4)
幕末の蘭方医。肥前国の農家執行家に生まれ,母方の縁者佐賀藩士伊東家の養子となった。名は淵,字は伯寿,冲斎・長翁などと号した。医を志し漢方を学んだのち,佐賀藩医島本竜嘯に蘭方の手ほどきを受け,長崎に遊学して通詞猪俣伝右衛門の学僕となり蘭語学を学び,ついでシーボルトに就学した。シーボルトらの江戸参府のとき,猪俣一家とともに江戸に下る途中,伝右衛門が沼津で病死したため,後事を託されて,のちにその娘をめとった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いとうげんぼく【伊東玄朴】

1800~1871) 江戸末期の蘭方医。肥前の人。名は淵。シーボルトに学ぶ。江戸で医業のかたわら、象先堂塾で門人を養成。神田に種痘所を創設し、のち、その後身の医学所取締となる。著「医療正始」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊東玄朴
いとうげんぼく
(1800―1871)

江戸末期の蘭方医(らんぽうい)。肥前(ひぜん)国仁比山(にいやま)村(佐賀県神埼(かんざき)市)生まれ。名は淵(えん)、字(あざな)は伯寿、冲斎・長翁と号した。農業執行重助(しぎょうしげすけ)が父であるが、母方の血縁で佐賀藩士伊東祐章の養嗣子(ようしし)となる。16歳で漢方医を学び、1822年(文政5)藩医島本龍嘯(りゅうしょう)に蘭方を学び、さらに長崎でオランダ語を通詞(つうじ)猪俣伝治衛門(いのまたでんじえもん)に、蘭方医学をシーボルトに学んだ。1826年江戸本所に開業、1828年シーボルト事件に一時連座した。1829年玄朴と改名、医書翻訳や蘭書教授を行った。1835年(天保6)に訳したビショッフI. R. Bischoff(1784―1850)の内科医書『医療正始(せいし)』24巻が評判をよび、1838年にはモストG. F. Most(1794―1832)の『牛痘種法篇』を訳出した。1858年(安政5)大槻俊斎(おおつきしゅんさい)らとともに神田お玉が池に種痘所を開設、のちの西洋医学所の基礎を築いた。同年戸塚静海とともに奥医師に任命され、1861年法印となり、江戸蘭学界の第一人者となった。この年、脱疽(だっそ)患者の肢(し)切断治療で日本で初めてクロロホルム麻酔を使用した。医学所取締として教育にも関与し、俊斎没後は緒方洪庵(おがたこうあん)頭取実現に尽力した。明治4年1月2日没。墓所は東京・谷中(やなか)の天竜院である。[末中哲夫]
『伊東栄著『伊東玄朴伝』(1916・玄文社/複製・1978・八潮書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

伊東玄朴 (いとうげんぼく)

生年月日:1800年12月28日
江戸時代末期;明治時代の蘭方医;肥前佐賀藩士
1871年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊東玄朴の関連情報