コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呑み行為 ノミコウイ

1件 の用語解説(呑み行為の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のみ‐こうい〔‐カウヰ〕【×呑み行為】

証券取引所金融商品取引所)の会員または商品取引所商品取引員が、顧客から市場における売買取引の委託を受けたとき、その注文を取引所に出さずに自己がその相手方となって売買を成立させ、顧客には注文どおり取引所で売買したようにみせかける行為。呑み。
競馬・競輪などで、法律によって指定されている団体または地方公共団体以外の者が、馬券・車券などを発売するなどの行為を行うこと。呑み。
[補説]12ともに法律で禁止され、罰則規定がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone