コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周亮工 しゅうりょうこうZhou Liang-gong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周亮工
しゅうりょうこう
Zhou Liang-gong

[生]万暦40(1612)
[没]康煕11(1672)
中国,清初の学者,文学者。河南省祥符の人。字,元亮。明朝監察御史にまでなったが,清にくだり,福建で抗清軍の鎮圧にあたった。詩文にすぐれ,また書画篆刻に詳しく,『読画録』『頼古堂書画跋』『印人伝』『書影択録』などの著がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうりょうこう【周亮工 Zhōu Liàng gōng】

1612‐72
中国,清初の文人。字は元亮,櫟(れき)園と号し,河南祥符(開封)の人。明末崇禎13年(1640)の進士清朝に降った,いわゆる弐臣(じしん)で,福建左布政使・戸部右侍郎などを歴任,有能な官僚で実務の才があった。詩文をよくし,篆刻(てんこく)にもくわしく,特に書画の鑑識にすぐれた。著に《頼古堂集》《因樹屋書影》《印人伝》などがある。なお,幸田露伴は,周亮工とその愛姫王氏の交情を〈狂濤艶魂〉(《幽情記》所収)に作品化している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の周亮工の言及

【金陵八家】より

…一般には張庚《国朝画徴録》にいう龔賢(きようけん),葉欣(しようきん),胡慥(こぞう),謝蓀(しやそん),樊圻(はんき),高岑(こうしん),鄒喆(すうてつ),呉宏。前4者の代りに,陳卓,蔡霖滄(さいりんそう),李又李(りゆうり),武丹を入れる周亮工の説もある。さらに王蓍(おうし),王概,柳堉(りゆういく),高遇らを加えて金陵派と呼ぶ。…

※「周亮工」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

周亮工の関連キーワード金陵八家王概石谿

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android