コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周堤墓 しゅうていぼ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周堤墓
しゅうていぼ

環状土籬とも呼ばれる北海道縄文時代後期後半にみられる特殊な集団墓地。直径数十m,高さ数mの円形の土手を築き,その中に墓を設ける。墓は土に穴を掘っただけの土壙墓であり,中には土器,石器などの副葬品が入れられる。北海道の縄文時代後期前半には本州の東部と同様のストーン・サークル (→環状列石 ) がつくられるが,それが特殊な展開をしたものと考えられる。被葬者の関係をめぐり,数々の分析がなされている。恵庭市柏木B遺跡,千歳市ママチ遺跡などが代表的。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

周堤墓【しゅうていぼ】

環状土籬(どり)ともいう。北海道石狩低地を中心に分布する縄文時代後期の墓地遺構。ドーナツ状に土を盛り上げ,その中央の凹地に墓をつくる集団墓地。最大のものは直径50m,比高5mに達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の周堤墓の言及

【土壙墓】より

…したがって,土葬を習俗とする社会においては,土壙墓は世界各地に,また時代をこえて,きわめて普遍的に認められる。日本では縄文時代の貝塚の下から土壙墓が検出されることが多いし,北海道に発達した周堤墓(環状土籬)は土壙墓群からなる集団墓地である。弥生時代には,九州地方では長方形土壙の底に木棺の小口板の穴を有するものと,もたぬものとがあり,後者を土壙墓と呼ぶこともある。…

※「周堤墓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone