コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周滑平 す こつへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

周滑平 す-こつへい

1773-1831 江戸時代後期の儒者。
安永2年生まれ。武蔵(むさし)飯能(埼玉県)の薬種屋の主人。林国雄らとまじわり,和漢の学にすぐれる。文政2年に大窪詩仏(おおくぼ-しぶつ),大田錦城らの文人を嘲笑する「妙々奇談」を発表し,話題となる。ほかに「後夜の夢」など。天保(てんぽう)2年10月7日死去。59歳。姓は大河原。名は包章。字(あざな)は亀文(きぶん),夷彦。通称は文左衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

周滑平の関連キーワード大河原亀文儒者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android