命令文(読み)メイレイブン

大辞林 第三版の解説

めいれいぶん【命令文】

文の種類の一。命令・禁止の意を表す文。普通、活用語の命令形を文末に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めいれい‐ぶん【命令文】

〘名〙 文の種類の一つ。平叙文・疑問文・感動文に対して、命令や禁止の意で相手に働きかけることを特色とする文。普通活用語の命令形を文末に用いる。文語には「な…そ」の特殊な禁止表現があり、また、終止形で結ぶ平叙文を命令に用いることがある。〔高等日本文法(1908)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

命令文の関連情報