コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸小咄 えどこばなし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸小咄
えどこばなし

明和~安永 (1764~81) 頃,江戸で流行した寸話的な笑話。数多くつくられ,また口演された。それまでの上方でつくられた上方好みの軽口咄に対し,江戸好みの軽妙洒脱味わいと,簡潔な会話を特徴とする。江戸刊行の咄本木室卯雲 (ぼううん) の『鹿の子餅』 (72) ,小松屋百亀の『聞上手』 (73) ,蜀山人の『鯛の味噌津』 (79) などの小咄に代表される。作者で口演者には烏亭焉馬 (うていえんば) がいた。その話芸は現在の落語のなかに伝承されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸小咄
えどこばなし

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

江戸小咄の関連キーワードボルテールレザノフ鈴木源之丞鈴木春信レザーノフ明和リードザモイスキ浮世絵江戸褄