コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸小咄 えどこばなし

2件 の用語解説(江戸小咄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸小咄
えどこばなし

明和~安永 (1764~81) 頃,江戸で流行した寸話的な笑話。数多くつくられ,また口演された。それまでの上方でつくられた上方好みの軽口咄に対し,江戸好みの軽妙洒脱味わいと,簡潔な会話を特徴とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸小咄の関連キーワード金金五匁銀東芥子之助石川豊雅鵜飼図南江戸半太夫(3代)燕川洞石鳥珠雀斎錦屋金蔵(初代)春藤佐助

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone