コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸小咄 えどこばなし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸小咄
えどこばなし

明和~安永 (1764~81) 頃,江戸で流行した寸話的な笑話。数多くつくられ,また口演された。それまでの上方でつくられた上方好みの軽口咄に対し,江戸好みの軽妙洒脱な味わいと,簡潔な会話を特徴とする。江戸刊行の咄本木室卯雲 (ぼううん) の『鹿の子餅』 (72) ,小松屋百亀の『聞上手』 (73) ,蜀山人の『鯛の味噌津』 (79) などの小咄に代表される。作者で口演者には烏亭焉馬 (うていえんば) がいた。その話芸は現在の落語のなかに伝承されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸小咄
えどこばなし

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

江戸小咄の関連キーワード加太 こうじ宮尾 しげを宮尾しげを駒田信二江戸文学鹿子餅寝床噺本笑府

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android