コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和気彜範 わけの つねのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和気彜範 わけの-つねのり

?-888 平安時代前期の官吏。
木工(もく)寮に勤務。祈雨奉幣使,宇佐使,石清水社奉幣使などをつとめ,貞観(じょうがん)9年少納言。10年円珍を延暦寺(えんりゃくじ)座主(ざす)とする使いとなり,14年,元慶(がんぎょう)7年には渤海(ぼっかい)国使をむかえた。のち山城,伊予(いよ)の国司を歴任。仁和(にんな)4年5月3日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android