コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和気彜範 わけの つねのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和気彜範 わけの-つねのり

?-888 平安時代前期の官吏。
木工(もく)寮に勤務。祈雨奉幣使,宇佐使,石清水社奉幣使などをつとめ,貞観(じょうがん)9年少納言。10年円珍を延暦寺(えんりゃくじ)座主(ざす)とする使いとなり,14年,元慶(がんぎょう)7年には渤海(ぼっかい)国使をむかえた。のち山城,伊予(いよ)の国司を歴任。仁和(にんな)4年5月3日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

和気彜範の関連キーワード僖宗ベレンガーリオ[1世]アンジュー家イタリア王国[中世]ウード僖宗ベレンガーリョ1世僖宗傍聴者数外国人児童生徒

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android