和泉監(読み)いずみげん

精選版 日本国語大辞典の解説

いずみ‐の‐げん いづみ‥【和泉監】

〘名〙 奈良時代、霊亀二年(七一六)河内国に珍努宮(ちぬのみや)が造営されたのに伴って、同国の大鳥、和泉、日根の三郡をさいておかれた特別行政区画。また、その職員。天平一二年(七四〇)河内国に併合されて廃された。
※続日本紀‐霊亀二年(716)四月甲子「割大鳥、和泉、日根三郡、始置和泉監」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の和泉監の言及

【和泉国】より


【古代】
 五畿内に属する下国(《延喜式》)。河内国に属したが,716年(霊亀2)に珍努(ちぬ)宮の造営や管理にあてるため大鳥郡,和泉郡,日根郡の3郡を特別行政区画の和泉監(げん)として分離,740年(天平12)河内国に再び合併,757年(天平宝字1)和泉国として独立した。国府は和泉郡,現在の和泉市府中町付近にあった。…

【珍努宮】より

…智努離宮,和泉宮とも記す。《続日本紀》の霊亀2年(716)3月条に〈河内国の和泉・日根両郡を割(さ)き珍努宮に供せしむ(造営の人夫と費用を出させる)〉,同4月条に〈大鳥・和泉・日根三郡を割き和泉監(げん)を置く〉とあり,これまで三郡は河内国に含まれていた。監は,普通の国がもつ行政任務以外に離宮警衛の務も兼ねる管区(または役所)をさし,例に芳野監(よしのげん)があり,避暑用の芳(吉)野離宮(吉野宮)を管内に擁した。…

【離宮】より

…吉野宮は《日本書紀》の応神紀に初めてみえ,壬申の乱前の大海人(おおあま)皇子(後の天武天皇)隠棲の地として,特に天武系皇統の行幸がしばしばあった。珍努宮はその維持管理のため,716年(霊亀2)河内国和泉など3郡を割いて和泉監(げん)という特別行政区を設けた。このころ吉野宮のためにも芳野監を設けているが,両離宮とも律令制の衰退とともに廃絶したらしい。…

※「和泉監」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android