コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和泉砂岩 いずみさがん

大辞林 第三版の解説

いずみさがん【和泉砂岩】

中生代白亜紀後期に、四国北部より淡路島・和泉山脈を連ねる地方に堆積たいせきした地層中にみられる岩石。砂岩が大部分で、頁岩けつがん・礫岩れきがんなども含む。砂岩は和泉石として石材にする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

和泉砂岩の関連キーワード葛城山(大阪・和歌山)土柱高越県立自然公園諭鶴羽山地和泉山脈乳岡古墳讃岐山脈徳島平野岩湧山大部分和泉石淡路島砂岩石材岩石門崎

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和泉砂岩の関連情報