コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田厳足 わだ いずたり

3件 の用語解説(和田厳足の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

和田厳足

熊本藩士。真震、弓削平八の二男。同藩和田氏を嗣ぐ。皇学は長瀬真幸の門にて、古風体を好くし、中島広足とは最も深交あり。著書数種あり。安政6年(1859)歿、73才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田厳足 わだ-いずたり

1787-1859 江戸時代後期の歌人。
天明7年生まれ。肥後熊本藩士和田団四郎の養子。武芸に長じ,国学・和歌を本居宣長(もとおり-のりなが)門の長瀬真幸(まさき)にまなぶ。安政6年4月27日死去。73歳。本姓は弓削。通称は震七郎。別名に真震(まゆり),馬百合。号は釣竜翁。名は伊豆足とも。歌文集に「廿日草」。
【格言など】かぎろひもにほふばかりに岩間照り尾照り峯照りつつじ花咲く(「和田厳足集」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

和田厳足

没年:安政6.4.27(1859.5.29)
生年:天明7(1787)
江戸後期の歌人。本姓弓削。名千尋,厳足。真震とも称す。通称震七郎。号釣竜翁。熊本藩士和田団四郎の養子。本居宣長門の長瀬真幸に国学を学ぶ。中島広足とは同門。また武術にも長じた。藩士としては不遇で,文政5(1822)年には八代へ,嘉永2(1849)年には葦北郡佐敷へと左遷され,熊本に還ることなく佐敷で没した。師真幸の歌風を受けて万葉調の和歌をよくし,不遇の思いを結実させたような歌が見いだされる。<参考文献>弥富破摩雄『和田厳足と其の家集』

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone