コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弓削 ゆげ

4件 の用語解説(弓削の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弓削
ゆげ

愛媛県北東部,芸予諸島弓削島を中心とする地区。旧町名。 1953年町制。 2004年 10月,魚島村,生名村,岩城村と合併し,上島町となる。弓削島,佐島,豊島,百貫島の4島からなり,養殖漁業が行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐げ【削】

古代、弓をけずり作ること。また、それを職とした人。→弓削部(ゆげべ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゆげ【弓削】

古代、弓を削り作ること。また、それを職とする人。 「ま鉋かな持ち-の川原の埋れ木の/万葉集 1385

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弓削
ゆげ

愛媛県北東部、越智(おち)郡にあった旧町名(弓削町(ちょう))。旧町域は、芸予(げいよ)諸島の一部上島諸島の弓削島、佐(さ)島、豊(とよ)島などからなる。現在は上島(かみじま)町の北部にあたる。1953年(昭和28)町制施行。2004年(平成16)魚島(うおしま)村、生名(いきな)村、岩城(いわぎ)村と合併、上島町となる。弓削島と佐島は弓削大橋で結ばれていて、橋の近くには弓削大橋記念公園がつくられている。広島県尾道市因島(いんのしま)土生(はぶ)港、今治(いまばり)港との間に航路がある。名称は、中世の弓削島荘(ゆげしまのしょう)に由来する。中世には揚浜(あげはま)塩田で知られ、江戸時代は今治藩領で宿駅として海上交通の拠点であった。ノリの養殖が盛ん。農業は柑橘(かんきつ)類の栽培中心。船員が多く、かつては対岸の因島の造船業に従事する者も多かった。1901年(明治34)創立の弓削商船高等専門学校がある。定光(じょうこう)寺観音(かんのん)堂は国指定重要文化財。瀬戸内海国立公園域。[横山昭市]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弓削の関連キーワード弓削島芸予諸島・藝予諸島伯方[町]弓削[町]弓削島荘生名〈村〉愛媛県越智郡愛媛県越智郡上島町愛媛県今治市関前弓削〈町〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弓削の関連情報