コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和荘兵衛 ワソウビョウエ

デジタル大辞泉の解説

わそうびょうえ〔ワサウビヤウヱ〕【和荘兵衛】

談義本。4巻。遊谷子作。安永3年(1774)刊。長崎の商人四海屋荘兵衛が漂流し、不老不死国をはじめ、女護(にょご)が島や大人国・小人国などを遍歴して日本へ帰るまでを描く。同8年、沢井某作「和荘兵衛後編」4巻刊行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わそうべえ【和荘兵衛】

滑稽本。前編四巻、遊谷子作、1774年刊。後編四巻、沢井某作、79年刊。長崎の貿易商四海屋和荘兵衛が漂流し、不死国・自在国・大人国・長足国など奇異な国々を遍歴する話。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone