粉本(読み)フンポン

百科事典マイペディアの解説

粉本【ふんぽん】

画家が制作の参考にするための模写,見取図,写生帳類の総称。昔はまず胡粉(ごふん)で下絵を描いたのでこの名が起こったという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふんぽん【粉本】

東洋画の、下書き・画稿。
絵や文章の創作のよりどころとした作品。
後日の研究などのために模写した絵画。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の粉本の言及

【模写】より

…この場合の絵画の模写は著色による写実的描写の作品についてであり,偶然的な形象性をもつ水墨による逸格画(いつかくが)は,模写不可能として評価していないが,後世における〈表意模写〉の可能性をのこしている。中国画の伝統様式を受容して主流となった日本の狩野派にあっては,家芸としての伝統的主題や形式を踏襲するために用いた原本を〈絵手本(えでほん)〉もしくは〈粉本(ふんぽん)〉と呼んでいる。それらは注文に応じて組み合わされ,本画制作の基礎として用いられている。…

※「粉本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android