コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

品質基準

流通用語辞典の解説

品質基準

消費者が商品を選択するための目安として、法律などによって設定されている品質についての基準。商品危険防止のために、食品では食品添加物規制や、飲食店の施設衛生管理の規制がある。また、医薬品は「薬事法」で、電気用品は「電気用品取締法」で、ガス用品は「ガス事業法」、建築は「建築基準法」でといった具合に、それぞれ品質の基準を明確にしている。メーカーが独自に製品安全協会を設けてSGマークをつける場合もある。また、「消費生活用製品安全法」では、安全性が重要な商品を特定製品として、基準に合格した商品だけを販売認可している。さらに、地方自治体でも、地域食品認証制度(ミニJAS)など独自の品質基準を設定している。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について | 情報

品質基準の関連キーワード地理的表示(Geographical Indication=GI)特定優良賃貸住宅供給促進制度宮城県産ひとめぼれ水産物の表示ルール地理的表示保護制度東京臍帯血バンク中央薬事審議会オーガニック適正農業規範RAL基準神戸ビーフ生産管理品質表示有機農業消費者但馬牛黒豚選炭

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

品質基準の関連情報