哲巌祖濬(読み)てつがん そしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

哲巌祖濬 てつがん-そしゅん

1324-1405 南北朝-室町時代の僧。
正中(しょうちゅう)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。播磨(はりま)(兵庫県)長福寺の竜谷広雲のもとで出家。比叡(ひえい)山で密教をまなび,のち広雲の法をつぐ。摂津澄心寺(兵庫県),京都の普門寺,東福寺などの住持をへて,応永4年南禅寺住持となった。応永12年8月17日死去。82歳。播磨出身。俗姓は佐伯。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android