コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哲巌祖濬 てつがん そしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

哲巌祖濬 てつがん-そしゅん

1324-1405 南北朝-室町時代の僧。
正中(しょうちゅう)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。播磨(はりま)(兵庫県)長福寺の竜谷広雲のもとで出家。比叡(ひえい)山で密教をまなび,のち広雲の法をつぐ。摂津澄心寺(兵庫県),京都の普門寺,東福寺などの住持をへて,応永4年南禅寺住持となった。応永12年8月17日死去。82歳。播磨出身。俗姓は佐伯。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

哲巌祖濬の関連キーワード室町時代南北朝祖濬正中

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android