コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐沢山神社 カラサワヤマジンジャ

4件 の用語解説(唐沢山神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

からさわやま‐じんじゃ〔からさはやま‐〕【唐沢山神社】

唐沢山にある神社。旧別格官幣社。祭神は藤原秀郷

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

唐沢山神社【からさわやまじんじゃ】

栃木県佐野市富士町に鎮座。旧別格官幣社藤原秀郷(ひでさと)を子孫佐野氏が秀郷築城の由緒ある唐沢山城跡にまつったもの。1908年鎮座。例祭4月25日,10月25日。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

からさわやまじんじゃ【唐沢山神社】

栃木県佐野市にある神社。祭神は藤原秀郷ひでさと

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐沢山神社
からさわやまじんじゃ

栃木県佐野市富士町の唐沢山に鎮座。祭神は藤原秀郷(ひでさと)。秀郷は俵藤太(たわらとうた)とも称され、平安中期の平将門(まさかど)の乱(天慶(てんぎょう)の乱)に将門を倒したことや、近江(おうみ)(滋賀県)の三上山(みかみやま)のムカデ退治の伝説で有名。明治維新後、秀郷の後裔である佐野家やその旧臣らにより秀郷の顕彰(けんしょう)が始まり、1880年(明治13)東明会を創立して神社創建を計画、83年に秀郷の居城であった唐沢山城址(じょうし)に鎮祭された。旧別格官幣社。1918年(大正7)秀郷は正二位に昇進、墓所を佐野市新吉水(しんよしみず)に定めて飛地(とびち)境内とした。例祭は10月25日。社宝に、秀郷がムカデ退治のとき竜神から贈られたと伝える甲冑(かっちゅう)金具一括「避来矢鎧(ひらいやよろい)」(国重要文化財)がある。[茂木貞純]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐沢山神社の関連キーワード官幣社別格官幣社北畠神社小御門神社常磐神社佐嘉神社佐野縮豊栄神社山内神社結城神社

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone