唐沢山神社(読み)カラサワヤマジンジャ

百科事典マイペディアの解説

唐沢山神社【からさわやまじんじゃ】

栃木県佐野市富士町に鎮座。旧別格官幣社。藤原秀郷(ひでさと)を子孫佐野氏が秀郷築城の由緒ある唐沢山城跡にまつったもの。1908年鎮座。例祭4月25日,10月25日。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

からさわやまじんじゃ【唐沢山神社】

栃木県佐野市にある神社。祭神は藤原秀郷ひでさと

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐沢山神社
からさわやまじんじゃ

栃木県佐野市富士町の唐沢山に鎮座。祭神は藤原秀郷(ひでさと)。秀郷は俵藤太(たわらとうた)とも称され、平安中期の平将門(まさかど)の乱(天慶(てんぎょう)の乱)に将門を倒したことや、近江(おうみ)(滋賀県)の三上山(みかみやま)のムカデ退治の伝説で有名。明治維新後、秀郷の後裔である佐野家やその旧臣らにより秀郷の顕彰(けんしょう)が始まり、1880年(明治13)東明会を創立して神社創建を計画、83年に秀郷の居城であった唐沢山城址(じょうし)に鎮祭された。旧別格官幣社。1918年(大正7)秀郷は正二位に昇進、墓所を佐野市新吉水(しんよしみず)に定めて飛地(とびち)境内とした。例祭は10月25日。社宝に、秀郷がムカデ退治のとき竜神から贈られたと伝える甲冑(かっちゅう)金具一括「避来矢鎧(ひらいやよろい)」(国重要文化財)がある。[茂木貞純]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android