コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐韻 とういんTang-yun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐韻
とういん
Tang-yun

中国の韻書。唐の孫めん (そんめん) の著。5巻。中国語を韻によって配列し,反切 (はんせつ) によってその発音を示したもので,隋の陸法言の『切韻』を増訂した書の一つ。のち北宋の徐鉉によって,『説文解字』大徐本の反切に用いられたが,現在では完本は残っていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とういん〔タウヰン〕【唐韻】

中国の韻書。唐の孫愐(そんめん)の撰。751年成立。隋代の陸法言らの「切韻」を増訂したもの。一部分現存する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とういん【唐韻】

中国の韻書。孫愐そんめん編。751年成立。「切韻」を改訂増補したもの。去声の一部と入声の部分のみ現存。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

唐韻の関連キーワード康煕字典干禄字書大島正健平水韻音韻学入声改訂去声辞典広韻釣瓶

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android