コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覇流村 へるむら

百科事典マイペディアの解説

覇流村【へるむら】

近江国にあった古代の村,のち奈良東大寺領の荘園となる。現在の滋賀県彦根市の曾根沼一帯にあたる。751年の東大寺近江国開田図(正倉院蔵)に〈覇流村〉70町とあり,これ以前に太政官(だいじょうかん)の命により近江国の正税(しょうぜい)を用いて公力によって開発され,東大寺に施入された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へるむら【覇流村】

東大寺の近江国の荘園。犬上郡と愛知(えち)郡の郡境で琵琶湖と荒神山に挟まれた曾根沼一帯の地。正倉院所蔵の東大寺開田図のうち,天平勝宝3年(751)日付の〈近江国覇流村墾田地図〉が〈近江国水沼村墾田地図〉と麻布に一幀とされ遺存している。その奥書部分に記載の太政官符によると,水沼(みぬま)村とともにこの村は,751年以前に太政官の命により,近江国が正税を用い,公力により開発した70町の地である。田図は751年にその結果を記載,作成されて,太政官に報告提出したもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

覇流村の関連キーワード太政官(古代)滋賀県彦根市県犬養八重彦根[市]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android