コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水沼村 みぬまむら

百科事典マイペディアの解説

水沼村【みぬまむら】

近江国にあった古代の村,のち奈良東大寺領の荘園となる。現在の滋賀県多賀町敏満寺にあたる。751年の東大寺近江国開田図(正倉院蔵)に〈水沼村〉30町とあり,これ以前に太政官(だいじょうかん)の命により近江国の正税(しょうぜい)を用いて公力によって開発されたもので,東大寺に施入され,同寺領荘園となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みぬまむら【水沼村】

東大寺の近江国犬上郡の荘園。現滋賀県犬上郡多賀町敏満寺・大尼子の南部一帯。正倉院所蔵の東大寺開田図のうち,751年(天平勝宝3)の〈近江国水沼村墾田地図〉が〈近江国覇流(へる)村墾田地図〉とともに麻布に一幀とされて遺存している。その奥書部分に記載の太政官符によると,751年以前,太政官の命を受けて,近江国が正税を用いて,公力により開発した30町の地である。田図は751年にその結果を記載,作成され,太政官に報告提出したもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水沼村の関連キーワード太政官(古代)星野 長太郎下平可都三星野長太郎多賀[町]覇流村

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android