コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唯心房集 ゆいしんぼうしゅう

2件 の用語解説(唯心房集の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゆいしんぼうしゅう【唯心房集】

唯心房寂然(じやくねん)(俗名藤原頼業(よりなり))の家集。平安末期。成立年次未詳。1巻。系統を異にする多数の伝本があり,内容・歌数ともに異同がある。歌数の最も多い本で164首。〈(不酤酒戒 )花のもと露のなさけはほどもあらじゑひなすゝめそ春の山風〉(《新古今集》にも収録)など釈教歌に特色を示し,書陵部蔵1本には今様50首が含まれる。寂然は,寂念,寂超とともに大原の三寂(常磐(ときわ)三寂)と称された人物で,西行とも親交があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

ゆいしんぼうしゅう〔ユイシンバウシフ〕【唯心房集】

藤原頼業による歌集・今様集。1巻。成立年未詳。系統の異なる複数の本が伝わる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唯心房集の関連キーワード藤原頼経客年餌薬寂然寂念毒念藤原頼業寺役つくねん赤松鶴年

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone