コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唯心房集 ゆいしんぼうしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

ゆいしんぼうしゅう【唯心房集】

唯心房寂然(じやくねん)(俗名藤原頼業(よりなり))の家集。平安末期。成立年次未詳。1巻。系統を異にする多数の伝本があり,内容・歌数ともに異同がある。歌数の最も多い本で164首。〈(不酤酒戒 )花のもと露のなさけはほどもあらじゑひなすゝめそ春の山風〉(《新古今集》にも収録)など釈教歌に特色を示し,書陵部蔵1本には今様50首が含まれる。寂然は,寂念,寂超とともに大原の三寂(常磐ときわ三寂)と称された人物で,西行とも親交があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆいしんぼうしゅう〔ユイシンバウシフ〕【唯心房集】

藤原頼業による歌集今様集。1巻。成立年未詳。系統の異なる複数の本が伝わる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

唯心房集の関連キーワード常磐三寂隠者文学

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android