問うに落ちず語るに落ちる(読み)とうにおちずかたるにおちる

ことわざを知る辞典の解説

問うに落ちず語るに落ちる

人に問い詰められたときは用心してしゃべらないことも、気ままに話させておくと、つい真実の一端をもらしてしまう。

[使用例] 我我は妙に問うに落ちず、語るに落ちるものである。我我のはおのずから作品にあらわるることを免れない[芥川龍之介侏儒の言葉|1923~27]

[解説] 後半の「語るに落ちる」単独でも使われ、本人のから隠していた本音や行動を裏づけることばが出たときに、辛らつな批評として用いられます。

[類句] 隠すより現わる

〔英語〕He who excuses himself accuses himself.(弁解する者は自ら告発する)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android