コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

我我 ワレワレ

デジタル大辞泉の解説

われ‐われ【我我】

[代]
一人称の人代名詞。「われ」の複数。わたくしたち。われら。「我我の出る幕ではない」
一人称の人代名詞。単数を表す。へりくだる気持ちを含んでいう語。わたくし。
「―はことのほか酔ひて」〈伽・藤袋草子〉
反射代名詞。各自。めいめい。
「この頃諸国に―の合戦おこり」〈浄・廿四孝
[名]それぞれ一人一人。
「御一門の衆も―になりて」〈三河物語・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

われわれ【我我】

〔「われ」を重ねた語〕
( 代 )
一人称。
「われ」の複数。わたくしたち。われら。 「 -はあくまで戦う」 「 -は最善を尽くした」
単数に用いる。みずからをへりくだっていう語。わたくし。 「 -の見立手のよき餅屋仕出し/浮世草子・文反古 4
二人称。複数の相手に対して用いる。おまえたち。 「かかる身の果を-も外のやうにはおもふまじ/浮世草子・桜陰比事 2
( 名 )
それぞれ一人一人。 「もしも道にて追手のかかり-になるとても/浄瑠璃・曽根崎心中」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

我我の関連キーワード三平等観然り

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

我我の関連情報