問題児(読み)モンダイジ

デジタル大辞泉の解説

もんだい‐じ【問題児】

教育上、特別の配慮を要する児童。特に、性格や行動の面で問題をもつ児童をいう。→特異児童
発言や行動が周囲と合わない人。「会社の問題児

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

もんだい‐じ【問題児】

〘名〙
① 教育上、特別な取り扱いを必要とする児童。主として性格・行動の面で問題をもつ児童をいう。
※こども(1968)〈北杜夫〉三「『問題児というのはいろいろありますが』と、年配の女の先生はほとほと困惑を露(あらわ)にして言った」
② その発言や行動が周囲の人々と合わないため、しばしば問題視される人。
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉鎮魂・モスクワ郊外六十キロ「夫は順調な出世から見放された問題児であり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報