善徳(読み)ゼントク

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐とく【善徳】

〘名〙
① (「ぜんどく」とも) 仏語。善行による功徳。徳。
※元亨釈書(1322)二〇「勅慈聡二師寺、以善徳臣寺司
※三国伝記(1407‐46頃か)一一「彼の上人無師智の誓力善徳を顕し」
道徳に合ったよい行ない。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「貪婪刻薄に至るべし、蓋し倹節は善徳なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

善徳の関連情報