コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善淵広岑 よしぶちの ひろみね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

善淵広岑 よしぶちの-ひろみね

?-? 平安時代前期の官吏。
明経(みょうぎょう)家。貞観(じょうがん)13年(871)大学の直講のとき,戸籍を伊予(いよ)(愛媛県)越智(おち)郡から左京にうつし,のち助教。15年越智氏から善淵氏となる。18年以後,日食などにともなう廃朝(天皇が政務をとらないこと)について3度意見をのべた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone