コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善道真貞 よしみちの さねさだ

1件 の用語解説(善道真貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

善道真貞 よしみちの-さねさだ

768-845 平安時代前期の学者。
神護景雲(じんごけいうん)2年生まれ。伊余(与)部家守(いよべの-いえもり)の子。明経得業生(とくごうしょう)をへて,大学博士,大学助となり,善道宿禰(すくね)(のち朝臣(あそん))の氏姓をあたえられる。天長8年「令義解(りょうのぎげ)」撰修にくわわり,承和(じょうわ)のころ東宮学士となった。大学で「公羊伝(くようでん)」を講義した。承和12年2月20日死去。78歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

善道真貞の関連キーワードスキャン時の色数XGAピピンXGAVRAMフリッカーフリーXGAピピン[3世]春日大社

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone