コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善隣政策 ぜんりんせいさく good neighbour policy

2件 の用語解説(善隣政策の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

善隣政策
ぜんりんせいさく
good neighbour policy

アメリカの F.ルーズベルト大統領がとった対ラテンアメリカ友好政策をいう。貿易市場としてのラテンアメリカを重視し,ヨーロッパ勢力のこの地域への進出を防ごうとするルーズベルトは,アメリカの従来の干渉政策を廃し,ラテンアメリカとの友好体制を確立しようとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんりんせいさく【善隣政策 Good Neighbor Policy】

アメリカのF.D.ローズベルト大統領がとった対中南米政策の総称。大統領は,1930年代の政治的・経済的危機状況のなかで,アメリカの従来の武断主義内政干渉政策が中南米諸国を離反させ,それがヨーロッパ列強の干渉と進出を招くことを恐れ,就任後その政策の転換をはかる。転換の骨子は,合衆国が唱道してきたモンロー主義を,米州諸国全体の共同政策として確認し,西半球集団防衛体制を確立することにあった。33年モンテビデオ米州諸国会議内政不干渉を公約,ハイチから海兵隊を撤退,34年のキューバ内乱で武力介入を避け,さらに20世紀初頭以来アメリカの対キューバ内政干渉権を認めていたプラット修正条項を撤廃し,36年にはパナマとの不平等条約の部分改訂を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

善隣政策の関連キーワード大統領府タフトハル武器貸与法炉辺談話ローズベルトルーズベルト物語キャンプ・デービッドブレーン・トラストルーズベルト,F.D.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone