コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善隣政策 ぜんりんせいさくgood neighbour policy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

善隣政策
ぜんりんせいさく
good neighbour policy

アメリカの F.ルーズベルト大統領がとった対ラテンアメリカ友好政策をいう。貿易市場としてのラテンアメリカを重視し,ヨーロッパ勢力のこの地域への進出を防ごうとするルーズベルトは,アメリカの従来の干渉政策を廃し,ラテンアメリカとの友好体制を確立しようとした。すなわち 1933年 12月のモンテビデオでの米州会議では,アメリカは他国への内政不干渉を約し,ハイチニカラグアから軍隊を撤退させ,キューバの革命内乱には干渉しなかった。 34年にはキューバへの干渉権をアメリカに与えていたプラット修正条項を撤廃した。善隣政策は基本的には南北アメリカの一体性を前提とするものであり,モンロー主義の基調に沿いアメリカの対ラテンアメリカ貿易を拡大し,海外市場の開発に寄与した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんりんせいさく【善隣政策 Good Neighbor Policy】

アメリカのF.D.ローズベルト大統領がとった対中南米政策の総称。大統領は,1930年代の政治的・経済的危機状況のなかで,アメリカの従来の武断主義内政干渉政策が中南米諸国を離反させ,それがヨーロッパ列強の干渉と進出を招くことを恐れ,就任後その政策の転換をはかる。転換の骨子は,合衆国が唱道してきたモンロー主義を,米州諸国全体の共同政策として確認し,西半球集団防衛体制を確立することにあった。33年モンテビデオ米州諸国会議で内政不干渉を公約,ハイチから海兵隊を撤退,34年のキューバ内乱で武力介入を避け,さらに20世紀初頭以来アメリカの対キューバ内政干渉権を認めていたプラット修正条項を撤廃し,36年にはパナマとの不平等条約の部分改訂を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone