喇嘛(読み)ラマ

精選版 日本国語大辞典「喇嘛」の解説

ラマ【喇嘛】

〘名〙 (bla ma 「上人」「高徳の師」の) 本来はラマ教高僧のこと。また、宗教・政治の両権を掌握するダライ‐ラマ、パンチェン‐ラマなどの最も高徳な僧の略称。今日ではラマ教徒は各自の師をラマと呼ぶ。チベット仏教では、普通の個人としてのラマに奉仕することが仏道成就の近道とされ、なによりも尊いと考えられている。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「喇嘛」の解説

ラマ(〈チベット〉blama)

《高徳の師、上人の意》チベット仏教の高僧。また一般にチベット仏僧の称。
[補説]「喇嘛」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「喇嘛」の解説

【喇嘛】らま

ラマ教。

字通「喇」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android