喜佐姫(読み)きさひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜佐姫 きさひめ

1597-1655 江戸時代前期,毛利秀就(ひでなり)の正室。
慶長2年生まれ。結城秀康(ゆうき-ひでやす)の娘。徳川家康の孫。慶長8年将軍徳川秀忠(ひでただ)の養女として婚約,13年結婚。4男3女を生んだ。慶安4年秀就没後に剃髪(ていはつ),竜照院と号した。明暦元年6月25日死去。59歳。大坂出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

喜佐姫 (きさひめ)

生年月日:1597年12月14日
江戸時代前期の女性。越前国北庄城主結城秀康の娘
1655年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android